習志野第九合唱団について

 
沿 革

習志野第九合唱団は、昭和53年12月習志野文化ホールのオープンを記念して「習志野第九演奏会」が企画され、故伴有雄先生指揮の習志野フィルハーモニー管弦楽団と共演する合唱団として、市民から一般公募され、青木八郎先生の合唱指揮で誕生しました。以来、 習志野第九演奏会は多くの指揮者、合唱指揮者を迎え、習志野市の市民参加の年末恒例行事として継続開催しています。

習志野第九合唱団は、合唱愛好家のみで運営するアマチュア合唱団ですが、2006年9月22日に『特定非営利活動法人(NPO法人)習志野第九合唱団』として生まれ変わり、「習志野第九演奏会」の主催者となって、より市民に根ざした音楽の普及活動を目指しています。

募 集

習志野第九合唱団は、8月もしくは9月に募集を行います。募集案内は「習志野市広報」に掲載されるほか、本ホームページに掲載いたします。

なお、一般公募による団員はNPO法人の準会員となり、8月下旬もしくは9月上旬の結団式から翌年の結団式の前日まで準会員資格が継続することになります。くわしくはこちら

指導者

合唱指導者、練習ピアニストとも毎年運営会議にて選任されます。

構 成

2013年度第36回の習志野第九合唱団員の団員構成は、

ソプラノ76名、アルト143名(女声合計219名)、テナー48名、ベース59名(男声合計107名)の総勢326名でした。

団員の住所地は習志野市民30%、船橋市民24%、千葉市民15%、八千代市民10%など。千葉県外からも参加がありました。

年齢層は10歳代から80歳代まで幅広く、女性は60代が、男性は70歳代が最多となっています。また、第九の合唱に初めて取組んだ方は7%の24名でした。

写真:(有)スタジオ・スペース・フォト

メニュー

HOMEお知らせ

掲示板

習志野第九合唱団について

NPOについて

第39回(2016年)習志野第九演奏会

練習日程

音取り練習

過去の習志野第九演奏会

ドイツ演奏旅行の写真

上記「ご質問・お問合せ」からメールが送信できない方は、
info
#narashino-dai9.org
の”#”を”@”に書き代えて 直接メールでお送り下さい